探偵

夫の浮気を調べる方法・不倫調査探偵相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

 

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。

 

だいたいの支払額ですが、2ケタ万円から3ケタ万円と幅があるようです。

 

払える見込みが立たないときは、支払いの分割化や金額変更を交渉するのも悪くないかもしれません。

 

 

浮気されたことによって心に傷を負った人の心理カウンセリングを行う機関があります。
プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるような人も少なくないです。

 

また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、しっかりとしたスキルが必要です。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるみたいですから、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。金銭という対価に合った仕事ができる探偵が調査することがお金も時間も無駄にしないコツです。
お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたことが意外に多いです。
裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、W不倫の現実に愛想がつきるということもあるようです。
また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、ここぞとばかりに精算したいという気持ちになるようです。

 

興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気の行動調査ではないでしょうか。不審な行動があるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、幅広い調査に応じています。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし配偶者が浮気していた場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。うまくいかないときは訴訟になるケースもあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図るのも「あり」ではないでしょうか。
ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、作業には支払いが必要です。調査員が行う作業いかんで見積り額も変わってくるでしょう。追跡して行動を窺うような調査だと、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。

 

期間、季節、時間帯などによっても料金は変わりますので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用はかさむはずです。探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。答えはノー。歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。便利屋でしたら無届けでも開業できますが、興信所や探偵社のほうは、警察署経由で所管の公安委員会に開業開始届出書類を提出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。

 

 

管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。
同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇は無理でしょう。とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処分といえるほどのものはなく済んでいるようです。
もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。平均的な調査料金ですが、一般的な浮気調査でだいたい3日で12万ないし14万くらいはかかると思って間違いないでしょう。
時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも50万強で予算どりしておくと不足はないと思います。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、ぜったい裏付けをとるべきです。あきらかな不倫の証拠というと、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

 

シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるなんて行為は、困難でしょうから、興信所を活用することも検討するといいでしょう。

 

不倫の慰謝料請求には期限があります。
相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

 

また、不倫行為があってから20年以内でも構わないそうです。もし時効まで時間がないときには訴訟に持ち込めば、時効はなくなります。

 

期限まで間がないときは、裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事は可能です(民法779条)。いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、手続きとしては最重要なものだと思います。

 

浮気だからと認知に消極的なときは、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。
子供なんて出来てしまったら大変ですから、なんとか不倫をやめさせないと、長い将来にわたって多大な支出も覚悟しなければなりません。完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、明確な浮気の証拠をつかみ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが驚くほど効果があるそうです。

 

 

 

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、後先のことまで考えが及んでいないというパターンが多いです。

 

 

賠償を求めることで、自分たちがしたことを実感させることができるでしょう。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

 

つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。

 

 

 

だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。
きちんと裏をとっておけば、後はとことん相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。

 

それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

 

噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。同じような浮気調査でも、その代金は業者によってかなりの違いが出てきます。

 

一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、多少面倒でも複数の探偵社に見積り依頼しておくことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査時間の短縮になる上、費用圧縮になります。
安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。

 

手抜きをしたってお客にはわからないからです。とはいえ現在は、ウェブを見ればまともな会社かそうでないかはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。

 

 

お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用対効果がきちんとある会社を見つけ出すしかないのです。

 

 

 

興信所を使うときの代金はまちまちで、時には極端に高い料金を請求してきたりする会社もあるようです。
高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、実のところ非常に微妙です。

 

 

高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったという結末にならないためには、あらかじめ標準的な費用について調べておくべきです。

 

 

 

探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。
調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって増減します。

 

 

 

素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、作業時間を1時間とすると相場的には2万円台と考えておくとよいでしょう。

 

まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、直接、業者に価格を問い合わせてみることが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。

 

営業所に話をしにいった際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。相談後、再三にわたり電話をかけてくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。
誠実な探偵業者はまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

 

不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。ただ、気持ちが鎮まったら、これからどう対処していくか考えなければいけません。

 

そもそも不倫は、やったほうが悪いのです。あなたの胸の内では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、請求しましょう。

 

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といってもちょっと気がひけますよね。話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、匿名相談でもオーケーというところも多いですから、そういったシステムを利用し、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名で詳細を相談するというふうにもできます。
「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不貞行為には違いないのですから、その対価はけして安くはありません。

 

まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも変わるでしょう。
しかし、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。

 

不貞行為が明るみに出れば、高い賠償を払って償っていかなければいけません。
最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。問い合わせは複数の会社に行い、もっとも相談員さんの対応が良かったところに依頼しました。

 

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう常習性のようなものがあるようです。交際相手とのやりとりが見つかって、たとえその場で平謝りだったとしても、またしても我慢できなくて浮気する可能性はおおいにあります。不審な行動に気づいたら、探偵業者の力を借りて、きっちり不倫の裏付けをとり、お灸をすえてやりましょう。
配偶者に浮気の疑いがあるのなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、無料で相談してみると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、いきなり知らない相手に調査を頼むなんていうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。そうした心配を解消するために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。

 

不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、料金面での不安はなくなりました。

 

もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、先方の営業所は避けて、喫茶店やファミレス等で相談すると良いのではないでしょうか。違法な勧誘を未然に防ぐことができます。

 

参りました。うちの旦那さんの浮気って、まるで病気みたいです。
まさかこんなに出てくるとは。

 

 

 

結婚する前からと合わせると何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。
根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気ってこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。

 

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす気力というのがなくなってしまって、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。
興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。
どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。標準的な不倫調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考にターゲットの尾行をします。

 

 

相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。

 

大抵の人間はウソをつくとき、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。それに、ちょっと聞いただけで懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。やましいと思っているほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えています。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っているというのは当然でしょう。

 

しかもロックをかけているのだったら、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。
不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、裁判などでは苦しいかもしれません。
つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することもあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。

 

 

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのは不本意ですよね。ですから、裏付け調査を探偵に依頼しておくべきです。再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも禁断の恋に陥る危険性が高いです。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。

 

同窓会出席を契機に、相手の様子がおかしければ、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面でしょう。
もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。
証拠として認められる品質のものを撮影しようと思ったら、探偵に依頼するほうが現実的です。

 

 

配偶者が浮気する理由として多いのは、単調な結婚生活が嫌だったといった、利己的でなければ言えないようなものです。

 

 

自分をもう一度異性として見てほしいという願望が結果的に浮気という形で出てくるのです。
怒ったところで逆効果ということもありますから、忙しくても時間を設けて、双方が不満に思っていることは何なのかを語り合うことも大事なのではないでしょうか。